投稿

8月, 2014の投稿を表示しています

平成26年 お精霊送り

イメージ
平成26年8月16日(土曜日)お精霊送りが行われました。




御先祖様を我が家にお迎えし、お客様を接待するように、御先祖様にお供えものをしてお盆の期間中供養をします。

そして16日に御先祖様をお見送りするのです。




近隣の人達が御先祖様にお供えした御供物を納めに来られます。



当寺では地蔵堂の前にお供物を納めてもらっています。





「お精霊送り」や「萩振る舞い」などで一般のお方に釜敷地蔵尊を拝んで頂く機会が増えました。

最近では普段でも知らない方が、釜敷地蔵尊にお詣りされるのをよく見かけます。




今年のお盆は雨が多くて、おまけに台風まで、散々なお盆でした。

雨や台風のため、お盆のお参り(棚経)の予定が大幅に狂いました。

こうゆう年もあるでしょう。

今日も午前中から雨が続きました。




今年の萩は夏の日照が極端に少ないため、萩の枝の本数も少なく、モヤシのようになっています。

9月の萩の見ごろが心配されます。




もう彼岸花が咲いています。






平成26年盂蘭盆施餓鬼法要を行いました

イメージ
平成26年8月2日(土曜日)盂蘭盆施餓鬼法要を行いました






















朝から雨模様で蒸し暑く、生憎のお天気でした。

しかし、たくさんのお方がお詣りに来て頂きました





お地蔵さんがお出迎え






カエルさんもお出迎え






萩が大分茂ってきました






雨で濡れた萩の葉で、お詣りの方の服に滴が係って

申し訳なかったです





法要の後は、釜蓋朔日の話をしました

盆の月の朔日には彼の世の釜の蓋が開いて

お精霊が家に帰ってこられる


此の世と彼の世は余りにも遠いので、

早く彼の世を出発しないと

十三日から十五日の盆の日には間に合わないからとされています





此れだけ遠くても毎年のお盆のことだから道を間違えないが

初盆の精霊は初めてのことだから道に迷わないようにと

高灯籠を建てる地方もあります