投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

平成27年 お精霊送り

イメージ
平成27年8月16日(日曜日)

 お精霊送りを行いました


各家に迎えた御先祖様の諸霊を、あの世へと送り返す行事を

「お精霊送り」と呼んでいます。





京都では御先祖の精霊を「おしょらいさん」と呼んでいます。


お盆に各家に迎えた「おしょらいさん」を、

仏壇や盆棚等にお祀りして、お膳や野菜など、

さまざまな食べ物をお供えして供養し、

16日に下げ、以前は川に流すなどして

精霊とともに、あの世に送り返していました。






今は環境問題の為、お寺や集会所でお供物を集めています。





 当寺では地蔵堂の前にお供物を納めてもらっています。

車で遠くから来られる方もあります。

人から聞いて、道を尋ねて来られる方もあります。







今年の夏は特に厳しい暑さでしたが、

ここ2、3日朝は涼しくなり楽になりました。






萩も大分茂ってきました







鹿の子百合がまだ咲いています。






彼岸花が芽を出しています





秋明菊が咲きだしました


平成27年盂蘭盆施餓鬼会を行いました

イメージ
平成27年8月2日(日曜日)盂蘭盆施餓鬼会を行いました




連日正に茹だるような暑さの中、



大勢の方がお詣りに来てくださいました





本堂にエアコンを入れているのですが、

暑さと人で中々効きません。





例年お盆の法要には、閻魔法王自作霊像を前に出して、

御開帳をしているのですが、

脇侍の司録・司命像の塗りの剥落が見られた為、

脇檀に据え付けの儘、

閻魔法王の厨子の扉を開けることにしました。



此れからもずっと伝えて行かなくてはならない為、

やむおえないと思います。




また同時に多羅観音も御開帳しました。




法要の後には、施餓鬼檀の前で、ウランバナの話をしました。

餓鬼道に落ちた目連尊者のお母様を救う為、

一切の衆僧に供養して、餓鬼道の苦悩から解放された。

これが盂蘭盆会の起源となった事などお話しました。




境内では、日差しが強く、



仏様に供えた花もすぐに、萎れてしまいます。