投稿

2014の投稿を表示しています

平成26年十夜会法要を行いました

イメージ
平成26年十夜会法要を行いました



平成26年10月19日(日曜日)

十夜会法要を行いました

十夜会法要では、双盤を打ち数珠廻しを行います




当寺ではおよそ三百年前、七世住職 澤誉上人が

径尺(約30cm)の双盤を新調し

さらに檀家 鉄屋カネが、双盤を寄付してより

双盤を打ち、数珠廻しをする行事がありましたが、

双盤四丁を、第二次世界大戦に供出してより

途絶えていました.


檀家のお爺さんの記憶で、昭和の一桁当たりまで

数珠廻しをしていたみたいです。





当時どのような節で念仏を称え

双盤を打っていたのか分かりません。

10年前より、浄土宗大本山 百万遍知恩寺に伝わる

百万遍念仏の節で念仏を称え、双盤を打っています。





法要の後は、淀久御山町東一口の安養寺に伝わる

京都府無形民俗文化財である双盤念仏と

「弥陀次郎の伝説」のお話をしました。






境内は萩を切り取り、サッパリとした庭になりました







今年はススキの育ちが悪く、萩と一緒に切り取りしました






今、境内は蛙の庭になっています







              遅咲きの琉球萩

平成26年「萩振る舞い」6

イメージ
平成26年「萩振る舞い」6


「萩振る舞い」を終わります






平成26年9月28日の萩






今年は早くから萩が咲き始めました

お彼岸には花が大分咲き進んでいました






花の終わったハギを整理しました

萩が生い茂って通れなかった所です





今は白花錦萩が最後の花を付けています
何故かいつも白花が残ります



此れから順次、萩を根元から切っていきます


季節は移り替わってきます

ススキが穂を出しました



薄と貴船菊




最後に咲かせた白花彼岸花




十月に咲く琉球萩がもう花を咲かせています






平成26年「萩振る舞い」5

イメージ
平成26年「萩振る舞い」5


平成26年9月24日の萩






いよいよ萩も終わりに近づいています



今晩は雨が強く降るそうです

これで花が落ちてしまうでしょう






今年の萩も見納めになるかもしれません






毎年同じことを書きますが

萩は終わりかけの方が、遠目には満開に見えます




萩の花は一日花で、花穂の元から先の方へ

咲いていきます

後になるほど、株より前に花が出てきます





でも花数は少ないです

先の方で咲いている「赤萩」

軸だけになっているものもある




花数が少なくなった「深山萩」




まだ花の残っている「飛鳥野萩」




キヌサヤの様な種を作る「江戸絞り萩」




平成26年「萩振る舞い」4

イメージ
平成26年「萩振る舞い」4


平成26年9月21日の萩






お天気が続いています

水遣りに追われます






見に来られる方の邪魔にならないように

朝早くか、夕方しか出来ません







萩も、大分咲き進んできました




花が先の方で咲いています





今年は咲くのが早かったので

花が終わるのが早いかもしれません







見に来られる方はお急ぎください





しかし、当寺は萩の種類が多く、

遅く咲くものもあります


牡丹萩





武蔵野萩