投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

平成30年 彼岸会法要を勤めました。

イメージ
平成30年3月22日(木曜日)
彼岸会法要を勤めました。







肌寒で曇り空、雨も降りそうなお天気でしたが、





遠くからもお詣り頂けました。







法要の後は、昨年4月8日釜敷地蔵尊供養会に関西大学大学院 東アジア文化研究科  索南卓瑪さんが来られ、当寺の多羅観音を調査されました。今回その報告を行いました。





論文「東アジア仏教における多羅信仰の展開」で当寺の多羅観音を紹介して頂きました。





この中で多羅菩薩を祀っているのは日本では勝念寺だけであると書かれています。






この多羅菩薩は、女性の身体のままで成仏するという誓願を発し、これを実現した女性尊とされます。





豊かな胸にくびれた腰の、いかにも女性を強調した仏様です。




平成30年釜敷地蔵尊供養会を勤めます。

イメージ
平成30年4月8日(日曜日)

午前10時30分法要

今年も恒例となってきました「釜敷地蔵尊供養会」を勤めます。




釜敷地蔵尊を供養し参詣者の家内安全健康を祈願して、



御札を配る。それだけです。

イベントや屋台もありません。

簡素な法要です。








宗派を問わず、どなたでもお詣りください。






当日は午前9時より午後3時まで、本堂内が公開され、

織田信長公より賜った身代釜敷地蔵尊

秘仏閻魔法王自作霊像

金銅多羅観音菩薩座像が間近で拝観出来ます。



当日は「花まつり」につき甘茶接待します。




この法要も平成24年から始めて7年目です。

江戸時代から昭和20年頃まで、身代り釜敷地蔵尊を供養し、御札を配る行事がありました。

戦後それが途絶え、今や檀家さんもそのような事が在ったことを知りません。

昔どのようにしていたのか、もう分かりませんが、ともかく新しい形での復活です。