平成28年 蘇鉄(ソテツ)が花を付けました



平成28年6月 蘇鉄(ソテツ)が花を付けました。



右の株に花が見えます。左の株にも花が付きました。

松脂の様な臭いで蘇鉄を覗き込むと、

土筆の親玉のような雄花を咲かせていました。











数年に一度花を付けます。この蘇鉄は、私(住職)が小学生の頃、

先代住職(私の父)が植木鉢で育てていた物で、

冬になると部家に取り込んでいたものです。

大きくなったので庭に地植えしました。






数年前に、新芽に虫がついて、生長点が無くなってしまいました。

そこから二つに枝分かれして、チョキの姿になっています。

良く言えばピース・ビクトリー。





蘇鉄は雌雄異株で、雌花は海中のイソギンチャクの様な姿です。

当寺では今の所咲いているのは雄花ですが、

色んな所から株を貰ったので、雌株も有るかもしれません。




別の場所でも雄花を付けました。今年は三株も花を付けました。

夏が暑くなりそうです。





どうか皆さまくれぐれもお身体に気を付けられて、

無事に夏を過ごされますよう心よりお祈り申し上げます。







このブログの人気の投稿

多羅観音の造像年代が判明しました

カエルの季節

平成27年彼岸会法要を行いました