平成27年「釜敷地蔵尊供養会」



平成27年4月8日(水曜日) 10時30分より

「釜敷地蔵尊供養会」がおこなわれます。

宗派を問わずどなたでもお参りください。






釜敷地蔵尊を供養し、御札を配る、簡素な法要です。

古い版木から手刷りした御影の御札が授与されます。(有料)











当日は午前9時より午後4時まで

釜敷地蔵尊が近くで拝観できます


身代釜敷地蔵尊(かましきさん)




秘仏閻魔法王自作霊像 御開帳


閻魔法王自作霊像




秘仏金銅多羅観音菩薩坐像 御開帳


金銅多羅観音菩薩像






緑ターラ像






十一面千手千眼観世音菩薩像






甘茶接待もあります。





「身代釜敷地蔵尊(かましきさん)」は開山貞安上人が織田信長公より賜り、

およそ四百年の間お祀りし、文化年間には御影の版木が贈られ、

昭和20年代前半まで、釜敷地蔵尊を供養し、御札を配る行事がありました。


それも永らく途絶え、今ではそのようなことが在ったことも忘れられてきました。

この度、「釜敷地蔵尊供養会」として復活しました。


 地獄で釜茹での責めに苦しんでいる人の身代わりとなって、自ら煮えたぎった釜の中に入り、

地獄と此の世で苦しむ人々を救い給う故に、代重苦、身代釜敷地蔵尊という。


 身代釜敷地蔵尊(かましきさん)は、苦しんで生きてる人々のために災厄を一身に背負い

身代りになって下さっているのであります。

これは偏に私たち一人一人の幸せを願ってのことであります。


 身代り釜敷地蔵尊(かましきさん)の、この尊い願いに触れると共に、その功徳にあやかり、

幸福で豊かに生きていくためにも、皆様お揃いで「釜敷地蔵尊供養会」にご参詣し、

またその尊い御影を受けられて、厄除けをなされることをお勧めいたします。









このブログの人気の投稿

多羅観音の造像年代が判明しました

カエルの季節

平成27年彼岸会法要を行いました