萩の見頃について



萩の見頃について、お問い合せが多数来ていますのでお答えします。



今年の萩ではありません


これは当寺での例年の参考です。

今年の咲き具合を保証するものではありません。

                                          
◎ 萩の咲き始めは9月10日頃です。

◎ 萩の見頃は9月中旬です。

 (但し年により、気候によりずれます)


◎ 当寺の萩は種類も多く、また場所により日当たりも異なるため、
 
 一斉に咲くことは有りません。

 地蔵堂の左側(西側)、深山萩、ダルマ萩、

 そして江戸絞り萩が早く咲きます。

 「萩振る舞い」で門を開放した時にはかなり咲き進んでいます。

 逆に武蔵野萩は遅いです。さらに琉球萩は10月に咲きます。

 錦萩系の赤花萩の開花を基準に門を開放しています。


◎ 見頃になれば、このブログやFacebook、Twitterでお知らせします。

                       
※ 萩の花は、桜のように三分咲き五分咲きと、

 徐々に咲いていくものではありません。


※ 萩の個々の花は1日花です。翌日には落ちます。

 ブドウの房の様になって、元より先の方に順次咲いていきます。





※ 雨の日や曇りの日は咲くのを休みます。

 雨の次の日が晴れて穏やかになると、

 休んだ花も一斉に咲きます。

したがって、その日によって咲き具合は大きく異なります。


◎桜の花のピークは一つですが、

 萩の花のピークは幾つかあります。


◎萩の花が満開になれば翌日にはその花は散ります。

 また幾日かすれば次の満開を迎えます。


◎その満開のピークが何日か、

 また次のピークが何日かは分かりません。




来て見て満開なればラッキーです。


遠目には終わりかけの方が、

花が先で咲いて前に出てくるので満開に見えます。





9月下旬、10月始めには萩を根元から切ります。

 冬に地上部は枯れ、春に枝が根元から伸びてくるので、
 
 枯れ枝が邪魔になります。 

 枯れた枝は硬くて切れません。

 例えば、花の咲いている枝は菊の茎を切るようなもの、

 枯れた枝は鉛筆を切るようなものでしょうか。

 従って花が終われば即切ります。


before


after



以上参考にしてください。






このブログの人気の投稿

カエルの季節

多羅観音の造像年代が判明しました

平成27年彼岸会法要を行いました