「月刊京都2019年1月号」(白川書院刊)に勝念寺の御朱印を載せて頂きました。



「月刊京都2019年1月号」(白川書院刊)に勝念寺の御朱印を載せて頂きました。

「ご朱印を集めよう」という企画で、「歴史ロマンを感じる刀剣と御朱印の世界」の項目で勝念寺の御朱印を載せて頂きました。




当寺の御朱印には本尊阿弥陀如来、釜敷地蔵尊、閻魔法王、多羅観音がありますが、今回は織田信長公より賜った閻魔法王の御朱印を紹介して頂きました。




昔は当寺で御朱印を書いており、判子も残っていたのですが、戦後途絶えており、通称寺の会に入れて頂いてから御朱印が復活しました。




刀剣ブームだそうで、建勲神社など廻って織田信長ゆかりということで当寺にも時々、刀剣女子が御朱印に来られます。














このブログの人気の投稿

カエルの季節

多羅観音の造像年代が判明しました

平成27年彼岸会法要を行いました