平成30年9月13日の萩



平成30年9月13日の萩

例年ならばそろそろ「萩振る舞い」として門を開放して皆さんに萩を見てもらう頃なのですが、萩に元気がありません。





夏の暑さと乾燥で枯れた萩もあり、枯れた萩は切り取りました。




残った萩も枝の本数が少ないです。
例年今頃なれば枝が伸びて、歩くのにも邪魔になり萩を手でかき分けて通る道も、今年はスイスイ通れます。



いつもは萩に隠れるカエルさんも良く見えます。





花も遅いです。雨の日が多いからでしょうか。







彼岸花は順調に咲いています。土の中でじっと暑さに耐えて来たのでしょう。







赤花芙蓉が寂しい庭を彩っています。





挿し木も今年は上手くいかず、10ポットほど残りました。

これから挿し木でじっくり増やしていきます。




今年は「萩振る舞い」として門を開放してよいものか悩んでいます。









このブログの人気の投稿

多羅観音の造像年代が判明しました

カエルの季節

平成27年彼岸会法要を行いました