コロナウイルス


令和2年4月8日(水曜日)
釜敷地蔵尊供養会を勤めます。
10時30分より法要開始

当日は午前10時より午後3時まで
織田信長公より賜る宝物を公開します。



今、コロナウイルスが流行して各地の行事や催し物が中止になっています。
釜敷地蔵尊供養会はどうするのかと問い合わせがあります。



法要は誰も来なくても住職だけでさせて頂きます。感染が心配な方もあり参詣者は少ないと思いますが、釜敷地蔵尊供養会は例年通りさせて頂きます。





もっとも例年も参詣者で溢れるということはなく、まばらですし御堂も開けっ放しですので感染の恐れは少ないと思います。





この様な状況でも満員電車で毎日お仕事に行かれる方々によって我々の暮らしが成り立っています。

住職が仏様の法要をすることは当然の勤めだと思います。





宝物の公開も例年通りさせて頂きます。

















このブログの人気の投稿

多羅観音の造像年代が判明しました

カエルの季節

平成27年彼岸会法要を行いました