令和元年度浄土宗寺院大公開4



10月5日6日 午前10時より午後3時まで

京都浄土宗寺院特別大公開で織田信長公より賜る宝物を公開します。



浄土宗の勝念寺が何故チベット仏教の仏様を祀っているのでしょう。

それは開山貞安上人が大恩のある織田信長公より賜った仏様だからです。




信長公より賜った宝物は、閻魔像や多羅観音だけではありません。

古文書に閻魔像及び霊宝多品と書かれています。



当寺には門出八幡宮、阿弥陀如来、聖徳太子像、毘沙門天、二十五菩薩など信長公より賜ると伝わっています。



いよいよ明日・明後日、午前10時より午後3時までです。どうぞお越し下さい。









このブログの人気の投稿

多羅観音の造像年代が判明しました

カエルの季節

平成27年彼岸会法要を行いました