令和元年度浄土宗寺院大公開5




10月5日(土曜日)6日(日曜日)勝念寺における令和元年京都浄土宗寺院特別大公開を無事終了しました。





比較的お天気に恵まれ多くの方に来て頂けました。



晴れると午後からは結構暑くなり、汗を拭いながら説明しました。




熱心なお方は質問もされ一生懸命聞いて頂けました。



今回は、織田信長公がいつ何処で閻魔像を手に入れたかについてお話ししました。



ただあまり詳しく説明しても興味のないお方には退屈で時間も取るので、熱心に質問などされるお方には資料などを出して説明しました。


  
多羅観音も特徴を示して造像年代をお話ししました。



今年もいろんなお方とご縁が出来ました。
寺の前は通っていても境内に入って来なかった方が、今回意を決して来られた方も居られます。



また毎回来て頂いている方も居られます。




そして夫々研究されているお方に色んなお話を聞かせて頂きました。



感謝します。
















このブログの人気の投稿

カエルの季節

多羅観音の造像年代が判明しました

平成27年彼岸会法要を行いました