令和元年9月5日の萩



令和元年9月5日の萩





去年の今頃の萩と比べると茂っている方ですが、例年に比べるとやはり物足りません。







これから花が咲くようになると、もう少しボリュウウムが出てくるでしょう。






地蔵堂の周りに花の鉢が置かれています。例年萩が地蔵堂の入り口を覆っていたのですが、春に萩の芽が出ませんでした。



5月にシンガポールの中国の人が地蔵様を熱心にお参りして、花の鉢植えを置いて行かれました。
切り花は直ぐに枯れるので、それ以来鉢植えを増やして置いています。


奥の方で深山萩が咲いています。



赤版萩はまだ蕾が小さいです。



萩の様子を見に時々入ってこられます。




彼岸花に気づいて写真を撮っていかれます。




今年6月に挿し木した萩は三分の一になりましたが、大きく育ってきました。











このブログの人気の投稿

カエルの季節

多羅観音の造像年代が判明しました

平成27年彼岸会法要を行いました