「京都手帖2020」に勝念寺を載せて頂きました。



令和元年9月21日
今年も「京都手帖2020」光村推古書院刊に少しだけ勝念寺を載せて頂きました。



4月8日の釜敷地蔵尊供養会は、昔、檀家さんとは別に釜敷地蔵様の信者さんがおられてその人たちの法要でした、戦前の話ですが。それの復活です、昔どのようにしていたのか分かりません。



8月2日の盂蘭盆施餓鬼会と3月の春彼岸会、10月の十夜会が当寺の年中法要です。




9月の「萩振る舞い」は結構有名になってきて、今年は入れ替わり立ち代わり見に来られます。




京都手帖を参考にして来られる方もあるかもしれません。











このブログの人気の投稿

カエルの季節

多羅観音の造像年代が判明しました

平成27年彼岸会法要を行いました